blog.carco.jp 2009 04~06

—–2009/04

●しぶやさんといっしょ
2009/04/01 水曜日 – 21:35:02 by tshibuya

4/4の「しぶやさんといっしょ」が迫ってきたのでもう一度お知らせを。豪華に2枚並べてみた。
今日のリハーサルの結果、用意した新曲4曲の中からは2曲やることにした。新曲といってももちろん「しぶやさんといっしょ」ではという意味で、1曲は25年くらい前、もう1曲は35年くらい前に書いた曲だ。
そんな昔の曲をやってどうするんだといわれても、さあ、どうするんだろう、ぼくにもわからない。聴いて面白かったり面白くなかったり(とその二通りではないだろうけど)、そういうことはいまとか昔とかとは関係ないような気がする。
それもこれもやってみて聴いてみなくてはわからない。

5 Responses
ARUMA : 2009/04/02 – 12:38:26 –
キレイニ イロガ ヌレマシタネ♪◎

asianimprov : 2009/04/02 – 23:27:42 –
「豪華に2枚並べてみた」って、並べりゃいいってもんでもないと思いますが・・(笑) わはは。

tshibuya : 2009/04/03 – 07:56:43 –
いいや、並べるという行為は人間だけのものではなくてもそれに豪華を感じたり、また、2枚並べれば3枚並べたくなったりするのは実に人間的なことであって、その先に待っているのが、と、ぐちゃぐちゃいわなくてもそれが第一歩って感じがしませんか(笑)。
こんどいままでのを全部並べてみようか。

doobie : 2009/04/05 – 19:43:02 –
先ほど友人から「生誕祭、渋谷さんのピアノで始まったんだよ、アニーローリーすっごく良かったよ!」とのメールが…
フ~ン、ピアノ弾きの渋谷さんて何人も居るのか?っと思って調べてみたら同一人物じゃないですか(笑)。
実は生誕祭の誘いを断って入谷へ行ったのですが渋谷さんと渡さんの交流は知りませんでした、ちょっと不思議な気分です。

tshibuya : 2009/04/06 – 07:22:06 –
doobieさん、コメントありがとう。
そう、生誕会でぼくは一番最初でした。光栄です。
渡さんとは35年以上前に会って、それからつき合いはなかったんですが、ある日、吉祥寺の居酒屋でパッタリ会ってそれからまたつき合いがはじまりました。渡さんが白糠で倒れた日もいっしょでした。まさか亡くなるとは思ってもいなかった。

●高田渡生誕会60
2009/04/03 金曜日 – 09:32:42 by tshibuya

明日(4/4)昼から高田渡生誕会60が三鷹にある武蔵野市民文化会館であります。
14:30から。同じような名前の会場が他にもあるので出かける方は必ず確認するように。というのはぼくも最初「武蔵野」とそこまで聞いて全然違うところを想像していたから。
出演者はいっぱいでとても書ききれません。上のリンクを参照してください。僕の出番は最初の方、もしかしたら一番最初かも知れない。なにしろ終わったらすぐに「なってるハウス」に行かなきゃいけないから。
渡さん関係のライブでは4/16にMANDA-LA2で「今宵、あの人を想う」というライブがあります。これはぼくのsoloで、ゲストは松倉如子さんです。

●記念写真
2009/04/07 火曜日 – 08:53:59 by tshibuya

4月4日 しぶやさんといっしょの記念写真。
左から、大川俊司、平田王子、小川美潮、かわいしのぶ、外山明、渋谷毅(前)、さがゆき、藤ノ木みか(前)、上村勝正。
次回のしぶやさんといっしょは7/3、アケタの店35周年特別の特別篇です。guestに小川美潮さん、fuji-藤本敦夫さん、橋本一子さん。

●松風鉱一さんとのduo
2009/04/10 金曜日 – 10:42:05 by tshibuya

昨年の10月から11月にかけて録音した松風鉱一さんとのduoの編集にやっと取りかかった。例によってあきらめ悪くテイクを重ねたので聴くのに時間がかかる。
しかし何曲もつづけて聴いているとあれもこれも同じように聞こえてきて実際そのあれもこれもがみんないいのだから困る。曲数も多いから何曲かカットしなければいけない。
松風さんは、as、ts、bs、bcl、flute の他、bamboo sax までやっている。All About 松風鉱一だ。6月には完成といきたいけど7月になるだろうなあ。

追記
同じような内容のを前にも書いていた(笑)。

●明日から
2009/04/12 日曜日 – 15:04:06 by tshibuya

明日から6日間ライブがつづく。
まず、4/13(月)「なってるハウス」。秋山一将さんとのduo。秋山さんとのduoはいつも気持ちがいい。どういっていいかわからないけれど、ただ気楽というのとはちょっと違うでもどこか気楽な気分があってそれがジャズの気分になってくる。
4/14(火)は西新宿の「あ・うん」。さがゆきさん、潮先郁男さんといつものWMAだ。15(水)はアケタの店で今村祐司G。今村さんはここのところ調子がいい。なんていうと、ここのところじゃない、いつもだ! っていわれそう(笑)。
16(木)はMANDA-LA2で「今宵、あの人を想う3」というタイトルのライブ。これは桜井明弘さん(vo、g)の企画で、桜井さんはグッドマンなどによく出演していて(といってもぼくはまだ聴いたことがないのだけれど)、ぼくのライブにはいつもきてくれる。今年で3回目。最初この「今宵、あの人を想う」というタイトルが恥ずかしかったけれどいまになってみるとなかなかいい。あの人とは高田渡さんのこと。ゲストに松倉如子さん(vo)。
17日はグッドマンで助川太郎さん(g)とはじめていっしょに演奏する。助川さんはさがゆきさんといっしょにやっているのを聴いたのがはじめてで、その演奏を一言でいえば「品がいい」ということにつきる。それもただ品がいいというのではなく、そこに音楽に対する真面目さ、野心が感じられるのがいい。
18日は盛岡「すぺいん倶楽部」で隔月にやっている「渋谷毅の世界」。さがゆきさんと中村八大特集。そういえばさがゆきさんとはじめていっしょにやったのが中村八大特集だった。もう10年近く前のことだ。「渋谷毅の世界」最多出場のさがさん、でも盛岡で中村八大特集ははじめてだと思う。

3 Responses
あんべ : 2009/04/12 – 19:52:00 –
そうですね、盛岡での中村八大は今まで無かったと思う。
さがさんの声、胸の奥まで染み込む声・・楽しみだ。
渋谷さんの、なにをやっても「渋谷調」、また 美味しいビールになるだろうな。

tshibuya : 2009/04/12 – 21:40:46 –
さがさんは絶好調、お酒の方も絶好調なのがちょっと心配だけどそれはぼくが抑えます。って、全然自信ないけど(笑)。

ARUMA : 2009/04/13 – 22:48:00 –
あらら・・・渋谷さんに抑えられるようじゃ…(笑)。
楽しみ!大好きな盛岡~~♪
大好きなすぺいん倶楽部~~~♪

●関西へ
2009/04/21 火曜日 – 18:46:33 by tshibuya

6日間の連日ライブが終わってこんどは24日から関西へ。24日は橿原の八木教会でsolo、ゲストにイライジャ・リーバイさん(vo)。25日は大阪のロイヤル・ホースで北浪良佳さん(vo)と。26日は神戸ビッグアップルで北浪さんと馬場孝喜さん(g)だ。ロイヤル・ホースははじめてのところ。26日の馬場さんともはじめて、と、はじめてがつづく。
5月に入れば5/3はオーケストラで名古屋「ラブリー」。5/5は服部緑地で祝春一番がある。こちらは、両手に花、MULL HOUSE、オーケストラ(guest北浪良佳)とにぎやか。
5/16、17はビッグアップルでそれぞれ華乃家ケイさん、ナガオクミさんと。なんだかまるで関西月間だなあ。

10 Responses
ケイ : 2009/04/22 – 00:36:41 –
こんばんは。
大阪で、渋谷さんの好きそうな居酒屋をまたまた新発掘したのですが、ライブは夜だし、時間的に難しいのが残念です。
でも、そんな事にめげずにいつか時間をみつけて御案内したいです!!

tshibuya : 2009/04/22 – 09:41:11 –
ぼくの好きそうな居酒屋と。それはいいなあ。どこかで時間作りますからぜひ連れて行ってください。
5月のライブの件はまた連絡しますね。

asianimprov : 2009/04/22 – 20:52:52 –
ロイヤル・ホースというのがちょっと意外なのですが、そんなことより、明後日の天気が心配という・・・(笑)

tshibuya : 2009/04/22 – 22:14:06 –
ロイヤル・ホース意外ですか? 昔お客さんで何回か行ったことがありますが、演奏するのははじめて。ここでピアノとボーカル、ふたりでやるというのが、なんというか意外というか、という感じはしないでもないですが、なにごともやってみなくてはわからないわけで。わはは。

滋賀のラッパ吹き : 2009/04/23 – 00:31:03 –
喜!関西でございます.
しかも,馬場さんとご一緒されるんですね.
彼とはダンディデュークスと共に少なからずのご縁があります.
是非とも聴きにいきたいのですが,日程的に少し難しい状態です.
また,次回,楽しみにしています!

tshibuya : 2009/04/23 – 08:47:09 –
あ、馬場さんはお知り合いでしたか。
この何日か彼は北浪良佳さんと関西方面でライブがあって、それでいっしょにやる機会ができた、というわけです。とっても楽しみ。

torigen : 2009/05/01 – 06:31:20 –
馬場孝喜さん(g)ですね、いいっしょ?
若手では一押しです!わはは。
少し前には力が入ってしまって固い印象があった時もありましたが、それも難無くクリアして、最近良佳さんと頑張ってる模様です。共通の知り合いも多いのですが、彼覚えてるかなぁ…わはは。
あっ、明後日くらいにやっと退院を許されそうであります(汗)。

tshibuya : 2009/05/01 – 18:27:16 –
馬場くん、とてもよかったです。このごろ若手に上手な人が多いように思う。東京にいるらしいのでまたやる機会もあると思います。
torigenさんはいま病院ですか。退院楽しみですね。

torigen : 2009/05/02 – 01:33:30 –
折角の陽気も関係なく「病院で…」肺から水と空気抜いてます…(爆)。
ほんとは馬場くんのも見に行きたかったのですが、わはは。そっか、彼東京にいますか?やる気まんまんって処ですかね?いいなぁ、若いって…。
彼をはじめて診たのは京都のウィルビーン・カフェ。的確で奇麗なフレーズの光るギタリストでしたが、数年のうちにそのパワーアップには目オ見張るものがありました。この時はあの溝口恵美子嬢との演奏でしたが、その後に渋谷さんが溝口と演ってくれて多いに私としては喜んだものでした、わはは。

tshibuya : 2009/05/03 – 09:07:11 –
肺から水と空気、ですか。それは大変だなあ。想像がつかない。お大事に。
溝口さんとはあれっきりですが、彼女、このところの活動は目を見張ります。がんばってほしい。
さて、出発!

●にしんの山椒漬け
2009/04/22 水曜日 – 22:04:43 by tshibuya

庭の山椒の芽が大分大きくなってきたので「にしんの山椒漬け」を作ろうと思って盛岡の市場で身欠きにしんを買ってきた。別に盛岡で買わなくてもいいのだけれど思いついたときに買わないとすぐに忘れてしまう。にしんの山椒漬けは会津若松かどこかの郷土料理で、身欠きにしんを戻して、山椒の葉と醤油、酢、酒、砂糖、などで漬けたものです。酒の肴に絶好。前に2、3回作ったことがあるけれどなにしろ本物を食べたことがないので味の比較ができない。で、その本物を一度食べたいと思っていたところ、一昨年新潟ジャズストリートに金子マリさんと行ったき、中越沖地震に遭って関越自動車道が通れず磐越自動車道で帰る途中のサービスエリアでこれを見つけた。
食べてみると、これがおいしい! もちろんこちらにはわからないいろんな工夫がしてあるに違いなく、これと同じように作ることはできなくても自分で作って自分で食べるのだったらどこからも文句は出ない。
身欠きにしんには身欠きにしんとしかいいようのない味があってそれが好きな人ならばこの山椒漬けもおいしいと思うに違いない。二日間水で戻して今朝山椒といっしょに漬けた。関西から帰ってくるころには食べられる。

4 Responses
あんべ : 2009/04/23 – 22:01:20 –
ふむ、我が家の山椒もふくらんできた。
美味しくできたなら、そのレシピ教えて下さいな。

tshibuya : 2009/04/28 – 10:34:40 –
関西から戻って早速食べてみました。う~ん、もうちょっと漬かった方がいいかな、という感じ。
あの、レシピといってもほとんどなにもないです。身欠きにしん(柔らかくないもの)を二日間くらい水で戻してタッパーに入るくらいの大きさに切って、にしん山椒の葉、にしん山椒の葉、と重ねていって(身欠きにしん8本に対して山椒の葉2、30枚)、最後に漬け汁をひたひたになるくらいかける。醤油、酢、酒、砂糖(みりん)、お好きな割合で。
ちょっと焼いてたべてもおいいしいという人もいますがぼくはそのままの方が好きです。

あんべ : 2009/05/02 – 21:05:55 –
今日 仕込んでみました。
さてさて 数日後が楽しみ♪

tshibuya : 2009/05/08 – 10:13:30 –
あんべさん、にしんの山椒漬け、どうですか?

—–2009/05

●ラブリー、祝春一番
2009/05/08 金曜日 – 10:02:10 by tshibuya

帰ってきました。
今回のオーケストラでは4/29のピットインから5/3のラブリー、5/5の祝春一番まで外山明さんにゲストできてもらった。これは考えあってのことで、外山さんにドラムをやってもらい古澤さんにパーッカッションをやってもらうという、普通に考えれば逆かも知れないことだけれど、これがなかなかよかった。それもこれも古澤さんと外山さんだからできることで、外山さんは古澤さんの「ね.」「ムクル」によく遊びにくるし、一昨年だったかduoのアルバムを作っているような親しい間柄だったからできたことかも知れない。

5/5の祝春一番、こちらは、小川美潮さん金子マリさんとの「両手に花」、石渡明廣の「Mull House特別篇」、「オーケストラ+北浪良佳」という内容で、ちょっとリハーサル不充分だったかなあ、というところもあったけれどそれはこちらの責任だ。
5/6、祝春一番の最終日の最後、ハンバート・ハンバートにゲスト出演する。ハンバート・ハンバートとどこでいつ知り合ったんだろう。中央線沿線情報誌「ぐるり」のインタビューで名前を知ったのがはじめてだったかも知れない。その後ピットインに聴きにきてくれたときはじめて話したのかな。ハンバート・ハンバートについては上のリンクを見てください。

さて、今日はアケタの店で「月の鳥+外山明」。う~ん、楽しみだ!

4 Responses
神戸の隠居 : 2009/05/09 – 21:31:24 –
元気だったのだ!
服部緑地に行けなかったので、
その後の結果報告がないことが、
チョット心配のタネだったのです(^^;)。
とりあえず、年齢的に無理の利かない年になっているのだから、
スケジュール調整は無理のないように!

asianimprov : 2009/05/09 – 23:04:05 –
えーっと、ラブリーでのセット・リストです。
渋谷毅オーケストラ at ラブリー May 3, 2009

1 サイド・スリップ
2 ワット・マサ・イズ・・
3 スリー・ビューズ・・
4 チェルシー・ブリッジ
5 サッチ・スイート・・~シスター・ケイトのメドレー
6 ブラザー

休憩

7 オブスキュアー・ステップス
8 <津上研太抜きの曲>という曲(正式曲名不明)
9 もはやちがう町
10 ジャズ・ミー・ブルース
11 バラード
12 アイタズ・カントリー・ライフ
(アンコール)
13 ア・ニュー・ヒムン

tshibuya : 2009/05/10 – 09:47:37 –
ご隠居、服部緑地から無事帰ってきました。でもないか、連日飲んで結局飲み過ぎ、しあわせではあったけど帰りはへとへとでした。で、一昨日昨日は一滴も飲まずに演奏してみた。う~ん、なんだかちょっとおかしい(笑)。でも少しつづけてみようかなとも思う(自信なし)。

tshibuya : 2009/05/10 – 11:31:15 –
asianさん、セット・リストありがとう。
なるほどこういう曲をやったんですね~。曲目は大まかにしか決めてないので、細かいところはその場で考えます。だから慌てることもある。どうもキッチリ曲目を決めるのが嫌いで。

●ラ・カーニャで「両手に花」
2009/05/10 日曜日 – 12:06:19 by tshibuya

今日は下北沢のラ・カーニャで小川美潮さん、金子マリさんと「両手に花」。ラ・カーニャはリンクを見ればわかるとおり、この間の「SONGS」、さがゆきさんの「day dream」、オーケストラの何枚かのジャケットを描いてくれた沢田としきさんの画がたくさん飾ってあって、まるで沢田美術館に入ったような感じがするすてきなところです。
ここで演奏するのは本当にひさしぶり。今日は3人だけだから曲をたくさんやる。というのは、このところ3人でやる機会は多いのだけれど、1ステージ、あるいはこの間の祝春一番のように4、5曲ということが多くてこれではちょっともの足りない。今日は外にゲストも予定していないので2ステージ、充分にやります。

3 Responses
日暮真三 : 2009/05/11 – 09:55:05 –
昨夜は楽しい時間をありがとうございました。ぼくのまわりの
女性の間での渋谷さん人気は大変なものです。
きもちのいい、幸福のオーラがいっぱいでした。
songs,ゆっくり聴かせていただきます。
ありがとうございました。

サワダセツコ : 2009/05/11 – 12:21:35 –
ファンです。がんばってください。
髪はそのままがかっこいいです。

tshibuya : 2009/05/11 – 18:37:04 –
日暮さん、ひさしぶりでした。お元気そうでなによりです。
またいっしょになにか作りたいですね。そうそう、「しぶやさんといっしょ」にもお出かけください。こんど連絡します。
あ、セっちゃんにファンといわれてうれしい! 髪、このままでいいですか。じゃあ、このままにしよう。って、変えようもないんだけど(笑)。

●今月のビッグアップル
2009/05/14 木曜日 – 08:48:13 by tshibuya

このところ毎月のようにビッグアップル(神戸)に行っている。もちろん気に入っているお店だからで、その風情がどことなく「アケタの店」や「グッドマン」「なってるハウス」に似ているのは、どうやらぼくはこういうところが好きらしい、ということで、それについて昨日グッドマンの鎌田さん(マスター)とちょっと話したけれどまだ結論は出ない。
で、今月のビッグアップル。
5/16 solo ゲスト:華乃家ケイ
5/17 solo ゲスト:ナガオクミ
華乃家さんといっしょに作ったアルバム「たそがれの夢」が好評でうれしい。でも華乃家さんは大阪、ぼくは東京と離れているのでいっしょにライブをする機会が少ない。今年はじめて。ぜひお出かけください。
そういえばクミちゃんも機会が多いとはいえない。今回はぼくの作った曲をたくさん歌ってくれるらしい。しぶやさんといっしょ神戸篇(笑)。

●紙上理さん
2009/05/19 火曜日 – 10:46:23 by tshibuya

ジャズをやりはじめたころからの仲間といえば、渡辺文男さん、今村祐司さんだけれど、紙上理(しがみただし)さんも同じころからの仲間だ。
紙上さんのベースは穏やかでなんともいえない暖かさがあって、そしてその人間がまたのんびりしていて会えば思わず和んでしまう。今日はアケタの店で紙上理G。ときどき頼まれます。レギュラーのピアニストは元岡一英さんかな。
西岡たかしさんというフォークの人がいる。どういう経緯だったか忘れたけれど、ライブを頼まれて北陸の方を廻ったことがある。フォークの人とはじめてのつき合いだった。そのときいっしょに行ったのが紙上さんと亡くなった植松良高さん(ds)、70年代のはじめころだったか。ライブではなにが芸をひとつ披露するなんていうのがあって、紙上さんは煙草を一本一気飲み(吸う、か)するというのをやった。確か。いまだったら芸にならない。ほんとに心配されちゃう。馬鹿なことをやってたなあ、と思うけれどそのときは大いに笑った。植松さんとぼくはなにをやったか憶えていない。

●森山浩志さんと会う
2009/05/24 日曜日 – 15:28:38 by tshibuya

近々、森山浩志(博)さんと会う。森山さんは浪人中だからいつでも会える、といっても、こちらが時間がなかったり落ち着かなかったりでなかなか会えない。今年はじめてかな。
会ってなにを話すということではない。とりとめなくなにかを話すだけ。でもそれが安心というか安定というか、そんな気分の上のことだから意見が違おうがなんだろうがなんでも話すことができる。
そういえば「神戸のご隠居」もそんな感じだなあ。この間のビッグアップルでは会えなかったけれど来月にはぜひ会いたい。

森山さんは華乃家さんの「たそがれの夢」を聴いてなにか感じるところがあったらしい。今回はそんな話から話がはじまるような気がする。

●「アケタの店」35周年35日間
2009/05/26 火曜日 – 10:23:24 by tshibuya

35周年だから35日間か。アケタさんらしい(笑)。
明日(5/27)からアケタの店35周年スペシャルライブがはじまります。スケジュールはこちらを見てもらうことにして、この35周年ライブは35日間全部アケタさんの企画らしい。
初日のライブはアケダイロ・オーケストラ。わかりますね、スガ・ダイロー(p)とアケタ・オーケストラ。ちなみに最終日のライブはシブヤケタ・オーケストラ。なにしろ普段あまりやることのない人を組み合わせる、という意図があってのプログラムだから面白そうなのがたくさんあって、
5/29(金) 森山威男(ds)+チコ本田(vo)G吉田桂一(p)荒巻茂生(b)
5/30(土) 森山威男(ds)+小太刀のばら(p)G宮野裕司(as)是安則克(b)
5/31(日) 森山威男(ds)+小宅珠実(fl)G田村博(p)金子健(b)
というのなんかは全部聴いてみたいし、
6/17(水) 三上寛(vo,g)+本田珠也(ds)+AKETA(p,オカリーナ)
というのもどうなるか見てみたい。
6/25(木) 中牟礼貞則(g)+小太刀のばら(p)+山崎弘一(b)
中牟礼さんとのばらさんの組合せはいいなあ。
6/5(日) 豊住芳三郎(ds)+本田珠也(ds)+小山彰太(ds)
う~ん、これも聴きたい。
こちらの出番は、といえば、
6/3(水) 清水くるみ(p)3 安東昇(b)江藤良人(ds)+渋谷毅(オルガン)
6/27(土) 鈴木勲(b)+渋谷毅(p)
7/3(金) 「しぶやさんといっしょ特別篇」 渋谷毅(vo,p)かわいしのぶ(vo,b)藤ノ木みか(vo,per)外山明(vo,ds)+ゲスト:小川美潮(vo)藤本敦夫(vo,ds)橋本一子(vo,p)
7/7(火) シブヤケタ・オーケストラ AKETA(p,オカリーナ)渡辺隆雄(tp)石崎忍(as)津上研太(as)榎本秀一(ts)上村勝正(b)楠本卓司(ds)渋谷毅(オルガン) さて、どうなるんだろう。わくわく。

●6月のライブ
2009/05/29 金曜日 – 11:29:23 by tshibuya

今日明日とライブがあるけれど、それが終わればもう6月。
6月のライブからいくつか気になるのを。
アケタの店35周年はもちろんだけれど、まず、6/5、秋山一将さん(g)と浅草のSoultrane。ここは大体2ヶ月に1回ふたりでやっている。落ち着いた気分のいい店。秋山さんのvocalが決まるのだ!
6/8、こちらは合羽橋にある「なってるハウス」で月の鳥+外山明。このところこのセッションが大いに気に入っていて、月に1回はやりたいと思っていて、アケタの店か「なってるハウス」でやっている。今月はなってるハウス。
6/9は西新宿の「あ・うん」。さがゆきさん、潮先郁男さんとのWMA(We’ll Meet Again)。潮先さんのすばらしいギターを聴いてほしい。
6/13、14は神戸ビッグアップル。/13は関西方面で大活躍の清野拓巳さん(g)と。
14は同じ関西で活躍の山内詩子さん(vo)と。
6/17は高円寺の「円盤」で松倉如子さん(vo)のアルバム「パンパラハラッパ」完成記念ライブがある。松倉さん、おめでとう。
6/18はSoultraneで平田王子さん(vo、g)と。平田さんはSoultraneはじめての出演。
6/21はピットインで浅川マキさん。これは突然決まった。

●思いがけないプレゼント
2009/05/30 土曜日 – 13:32:43 by tshibuya

昨日ライブにきたお客さんからDavid Allynとバリー・ハリスがやっている「Don’t Look Back」というアルバムをいただいた。David Allyn(David Allen)については前に「A Sure Thing」のことを書いたけれど、それはジョニー・マンデルの編曲についてで、肝心のDavid Allynについてはなにも書いていない。で、いま聴いてみてやっぱりなにも書けない(笑)。というのはこういう音楽を聴く習慣がなかったからということに尽きるのだけれど、それでこの歌手が好きだとか嫌いだとかいうことにはならなくて、ただぼんやりと聴いていてこれはこれでなかなかいいのだ。
問題は、というほどのことではないけれど、バリー・ハリスというのが意外の共演者で、このアルバムを聴くのもバリー・ハリスがやっているからということで、バリー・ハリスといえばすぐにあのすばらしいバップピアノを思い浮かべるけれど、ここではそういう演奏は一切ない。でも、やっぱりすばらしい。
もうひとつ、やはりお客さんできてくれた三鷹にあるパレードという中古レコード店の店主からバッキー白片のハワイアン全集をいただいた。いや、ただ見せにきただけかも知れないのに「あ、どうもありがとう」と無理やりもらってしまったのだから図々しいといえば図々しい。これはバッキー白片大好きの森山浩志さんに聴かせなくてはいけない。森山さんは先刻ご存じだろうけれど、LPは全部処分したと聞いているからなつかしいと思うんじゃないか。

2 Responses
Ryo Mogi : 2009/06/02 – 06:38:32 –
こんにちは。「昨日ライブにきたお客さん」です。いつもファンタスティックなプレイをありがとうございます。
さて、その日に渋谷さんが所望されていた音源(CD)をみつけ、購入しておきました。それも、格安で。少しお待ちいただければ、お渡ししたいと思います。

tshibuya : 2009/06/02 – 11:02:25 –
Mogiさん、先日はありがとうございました。「Don’t Look Back」はかなりマニアックなアルバムですね。面白い。それから例のアルバム、ありましたか。よかった~。こんどライブにこられるとき持ってきてくださいな。

—–2009/06

●今日からライブ
2009/06/05 金曜日 – 12:33:52 by tshibuya

この2、3日、ちょっとした打ち合わせ以外なにもしないで過ごした、というような気がしたけれど、6/3はアケタの店35周年のライブだったのだ。清水くるみTrio(安東昇、江藤良人)にゲスト出演。江藤くんといっしょにやるのははじめて。安東くんも江藤くんもとても気持ちがいい。6/7の今村Gピットイン昼はまた安東くんなので楽しみ。
今日から5日連続ライブだ。秋山さん、峰さん、今村さん、月の鳥、WMA。どうもこのところ体調がいいのでつい飲み過ぎてしまう。5日間、息切れがしないように気をつけなくては(なんて)。

●月の鳥+外山明
2009/06/08 月曜日 – 12:43:06 by tshibuya

連日ライブも4日目。今日は合羽橋「なってるハウス」で月の鳥+外山明です。このセッションが面白いということについてはもう何回も書いているのでまた書くことはしないけれど、ということもなくて、また書けば、こんどはどうしてそれが面白いかを書かなくてはいけない。いけないということはないけれど(笑)、面白いということを書くのはとてもむずかしいから、取りあえず月の鳥のことを書けば、

・月の鳥:石渡明廣(g)、渋谷毅(p)のduo。
・演奏する曲はほとんど石渡さんの曲。
・アルバムに一昨年出した「月の鳥」がある。
・このところはほとんど外山明さん(ds)がいっしょ。
そんなところかなあ。でも聴いたことがない人にはそれがどうして面白いかわからない。
石渡さんはオーケストラでいっしょだからふたりで演奏する感じはある程度わかる、というのは大違いで、ふたりで演奏するとまったく別の世界が現れるから面白い。面白いというより不思議だ。その不思議なところが気に入って2年間もつづけているわけで、そのうちの1年くらいは外山さんが入って3人になる。実はこの3人のがまた面白いということもあって、いまはできるだけ外山さんにきてもらっている。人数が多くなれば自由が制限されるのが普通だけれどこの3人にそれはあてはまらない。

7月のピットインは月の鳥スペシャルで、他にオーケストラのメンバー5人が参加する。人数が多くなってさてどうなるのか。

●しぶやさんといっしょ
2009/06/09 火曜日 – 11:36:20 by tshibuya

いつもはかわいしのぶさんの制作ですが今回は藤ノ木みかさんの制作。7/3アケタの店35周年のと8/29のがいっしょになっています。

7/3(金) しぶやさんといっしょ特別篇
かわいしのぶ(vo,b)、藤ノ木みか(vo,etc)、外山明(vo,ds)、渋谷毅(vo,p)
guest 小川美潮(vo)、藤本敦夫(vo,g)、橋本一子(vo,p)

8/29(土) しぶやさんといっしょ
かわいしのぶ(vo,b)、藤ノ木みか(vo,etc)、外山明(vo,ds)、渋谷毅(vo,p)
guest 上村勝正(b)、小川美潮(vo)、清水秀子(vo)、他

2 Responses
岩下和了 : 2009/06/09 – 21:22:32 –
ひゃあ。かわいいっ!!! しぶやさんの白髪と、うしろのピカロタローがポイントですね。
そして、今回、色、すごく多いんですねー。豪華!私も、塗り塗り、お手伝いいたします!

tshibuya : 2009/06/10 – 09:02:20 –
あ、そこがポイントなの? わはは。
では、こんど会ったとき塗ってないのを差し上げますからご家族でぬりえパーティーやってください。

●松倉如子 パンパラハラッパ
2009/06/18 木曜日 – 11:32:23 by tshibuya

松倉如子(まつくらゆきこ)さんのアルバム「パンパラハラッパ」ができた。昨日は高円寺の円盤で完成記念のライブ。松倉さん(vo)、渡辺勝さん(vo、g、p)と3人で。
円盤というのはグッドマンの先7、80メートルくらいのところにあるレコード屋さんといったらいいのかライブハウスといったらいいのかよくわからない、でも行ってみたらすぐわかる、そんなところでレコードもあればお茶も飲めるしもちろんライブもやっている。狭い店内は立ち見も含めて超満員。
松倉さんというのはなんとも不思議な人だ。話し方が変わっている、というか変だ。いや、普通に話しているのだけれどどこかなにかおかしい。昨日は演奏の合間に、あなたの話しているのは何語? なんて聞きたくなって困った(笑)。変だ、などと書くとなにか失礼な気もするけれど、なに、変なのはこちらだ、ということも考えられるのだから別にどうということはない。
松倉さんのうたには上手下手とは関係ない力があって、それがうたというものを考えさせられることになるのだからこちらものんびりしてはいられない。それが魅力、とはいえことは簡単でないのだ。

●上野茂都 めしのしたく
2009/06/19 金曜日 – 13:54:25 by tshibuya

松倉さんのライブに行ったとき、円盤の田口さんからできあがったばかりの上野茂都さんの「めしのしたく」をいただいた。昨年の12月に録音したものだ。
上野茂都(vo、三味線)
宮野裕司(as)
船戸博史(b)
渋谷毅(p)
上野さんとは彼が「つれれこ社中」という変な名前のグループにいたとき知り合った。おっかしなうたを歌う人だなあ、と思ったけれど、そのおかしなうたの中になんともいえない暖かさがあって妙に忘れられなくなる。なにがおかしいといって、入っている曲を書いてみると、

01 厨房節
02 ほへひょろ
03 鰯節
04 居ながら旅情
05 遠慮節
06 ぬけた節
07 だめっすだめっす
08 蘇生節
09 まめかん
10 一年
11 めほへひ余情
12 外食無情
13 明るい気持ちになれなくて
14 めしのしたく

どうです、おかしいでしょう?
アルバムの帯に書いてある言葉がぴったりなので下に書いておきます。
聴くほどに、生きてるってことは、なんと哀しく切なく、可笑しく嬉しいことだろうと思えてくる。そして腹が減る! さあ、めしのしたく。

●浅川マキさん
2009/06/20 土曜日 – 11:29:38 by tshibuya

明日はピットインで浅川マキさんのライブ。16時からと20時からの2回。
ぼくの出演は急に決まったのでピットインその他のスケジュールには載っていない。なんて紹介するのかなあ(笑)。
マキさんは相変わらず快調だけれど(といってもこの前は昨年の大晦日公演だった)明日はどうだろう。昨日かかってきた電話ではとても元気だったのでいいライブになるんじゃないか。もっとも元気だからいいライブになるという保証もないわけで、でも、元気だとこちらの心も軽くなる。

2 Responses – “浅川マキさん”
夕立勘五郎 : 2009/06/22 – 07:05:20 –
昨夜のライブはマキさんが渋谷さんのおっしゃってたように元気そうで、何より嬉しかったです。昼夜二部ということで後半は疲れてしまうだろうなと思ってましたが、まだまだいけそうな余韻を残してのライブでした。マキさんのライブでは当たり前なのかもしれませんが、外国の方が何人か客席にいたので驚きました。あと、いつもほろ酔いなのに凄い渋谷さんにまた驚きました。また近々に伺いたいと思います。

tshibuya : 2009/06/23 – 06:14:38 –
ライブきていただいてありがとうございます。
マキさんはほんとすばらしい。外国の人といえば、マキさんはアメリカ公演もやったことがあるんですよ(ずいぶん前ですが)。
こんどは9/25、26、27です。またお出かけください。

●アケタオカリーナ80周年記念アンサンブル
2009/06/23 火曜日 – 09:47:33 by tshibuya

昨日のアケタの店は「アケタオカリーナ80周年記念アンサンブル」だった。
オカリナのアンサンブルははじめて聴いたけれどすばらしかったなあ。中央線エリア情報誌「ぐるり」にアケタさん(明田川荘之さん)のオカリナとピアノの違いについて書いたけれど認識不足だった。アケタさんのオカリナとピアノがこんなに美しく調和するとは! またオカリナアンサンブルと津村和彦さん(g)、是安則克さん(b)、アケタさん(p、オカリナ)の息もぴったり、最上のアンサンブルを聴かせてくれた。時間がなくて途中までしか聴けなかったのが残念。これはまた聴きに行かなくてはいけない。

●Blue Blackの階段
2009/06/23 火曜日 – 21:45:56 by tshibuya

松風鉱一さんとのアルバム「Blue Blackの階段」がやっと手を離れた。昨日マスターをCD屋さんに持って行った。録音が昨年の11月だからずいぶん時間がかかったけれど、その間アルバム作りを楽しめたということもいえなくはないので、だからいまはほっとしたのと同時になにか力が抜けたような気分でいる。
このアルバムで、松風さんは、fl,as,ts,bs,bcl,bamboo sax と6種類の楽器を操っている。曲は全て松風さんのオリジナル。こんな人はいません。ぜひその多彩を聴いてほしいなあ。
ライナーノートは国立にあるNO TRUNKSの村上寛さんに書いてもらった。ジャケットはいつもの四釜裕子さん、録音はこれもいつもの島田正明さん。
できてくるのは7月の中ごろだ。
さ、次は津上研太とのduoだ。いま津上さんに曲を書いてもらっている。

●鈴木勲さんと
2009/06/27 土曜日 – 11:53:35 by tshibuya

今日はアケタの店35周年記念ライブで鈴木勲さん(b)とduo。
なつかしい。あちらこちらで会うのでなつかしいはちょっとおかしいけれど、
OMAさん(鈴木勲さんのあだ名)とはぼくがジャズをはじめたころ、ジョージ川
口ビッグ4+1に入ったとき知り合ったのだから、50年近く前。ひゃ~。
それ以来セッションでは演ったことがあるもののこうやってちゃんと一日を過ごすのははじめてかも知れない。無類にスイングするベースはいまも昔も同じだ。
楽しみだなあ。でも、ちょっとこわい。こちらは爽快にスイングするピアノではないから、「ほらほら、もっとスイングして」なんて怒られるかも知れない。怒られてもいいや、OMAさんなら(笑)。
波瀾万丈いろいろのOMAさんだからジョージ川口さんのところでいっしょだった数ヶ月の間にも面白いことがたくさんあった。でも、ここでは書けない。知りたいと思う人もいるだろうけれどだめです。
ぜひ聴きにきてください。先輩の前で小さくなってる姿を見るのも面白いかも。
わはは。

●やまもも
2009/06/29 月曜日 – 01:16:07 by tshibuya

庭のやまももの木が今年も実をつけた。ヨーグルトといっしょに食べたりジャムにしたりする。あ、雨で外に出られないうちに全部落ちちゃうじゃないか。雨、上がれ!

●なってるハウスで秋山一将さんと
2009/06/30 火曜日 – 11:38:25 by tshibuya

今日は「なってるハウス」で秋山さんとduo。なってるハウスは合羽橋道具街の外れにあって、夕方早めに行けばまだ開いている店はあるけれど、でも5時半ころにはほとんどの店が閉まってしまうから、いつもなってるハウスに着く6持半ころにはもう静かな、あまり人がいないさびしい街になっている。
そんなところにある「なってるハウス」だから歩いていて偶然入ったというようなお客さんは皆無で、ここにくる人はみな今日の演奏を聴きにくるわけだから考えてみればすごいなあと思う。そんなことをいえばどこのライブハウスも同じか。
秋山一将さんとはどういうわけかこのところよくやっている。そうそう、合羽橋は浅草と入谷の中間くらいにあって、秋山さんは浅草の生まれだからこの辺りのことに詳しく、あそこのとんかつがうまいとかここの食堂がいいとかいろいろ教えてくれる。大分いろんな店を教えてもらった。ぼくのお気に入りは「千代の家」というやきとん屋で、これは浅草駅に近いところにあるからなってるハウスのときは行けない。ちょっと遠い。
どうも秋山さんの音楽について話すことにならない。というか、秋山さんに限らず、音楽は聴けばそれでもうわかってしまうので(わからない人もいるけど)あれこれいうことはなにもない。